ノートブック系

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ノートブック系
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
ノートブック系システム開発者のガジェット好き

私の仕事場(IT関連)の周辺は、電気製品を好きな人は多いです。私の中では、上野浅草方面のプログラマは異常にVaio好き多いという印象。気に入ったモデルは2つ買うという人がいます。ひとつは大事にしまっておくそう猛者も知っています。

一方、私は人からアップル信者と呼ばれています。

確かに現在家の中にはPower Book 12″、Macbook Pro 2011、Macbook AIr2012、iPhone、iPhone 4、iPad2、New iPad、Time Capsuleとアップル製品がごろごろあります。iPhone、iPhone 4は初日に並んで買ってますし、New iPadはアップルストアに掲載されたす一時間内にぽちってますので反論できません。

もともとAppleのコンピュータはMac IIから10台くらい使っていますが、PCやSparc Solaris もそれ以上に使用していたので自分の中ではあまり区別していないのです。ノートブックは最初DellのLaptopを買いました。その後Appleのノートブックを何台か。そして名機ThinkPad600Xに出会いそのキーボードに惚れ、それからTシリーズを数台、最後は240まで選び、使い続けました。

すべてプログラミング、システム開発に使用するためですから、買う事を決めたらあらゆる機種を調査、お店まで触りに行ったり吟味したあげく、最終的にThinkPadを選んでいました。しかし残念ながらトラックポイントを使いすぎて腱鞘炎になってしまい、その頃にあのMacbook Late 2008 の素晴らしいトラックパッドを触ってまたAppleに戻りました。

いまはOSX+VMWare Fusionの便利さ、またメモリ容量もいち早く大容量になってますし、SSDの採用も早かった。今はMacbook Air 2012 という、これは史上最高のマシンではないでしょうか。Apple以外のPCノートブックを比較もしなくなってしまいました。

これからは、やはりコア数を多くほしいのと、OSXの仮想化を待ち望んでいます。アマゾン互換のEucalyptusを積んでハイブリッドクラウド環境を電車の中で勉強してみたいですよね。どなたか、同じようなことやっておられる方がいたらコメントください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>